男性

お墓の問題はコレで解決|納骨堂で管理してもらうのがおすすめ

お墓を購入する

夫婦

お墓は終の棲家です

日本人が亡くなった場合は、遺体を荼毘に付した後で、その遺骨をお墓や納骨堂に納めるのが一般的です。いまだに土葬の風習が残っている地域もありますが、それはごく一部に限られています。日本の国土はあまり広くないため、亡くなった人を全て土葬にしていたのでは、国中がお墓だらけになってしまいます。コンパクトに埋葬するためにも、日本の場合は火葬が必須になっています。火葬後の遺骨を必ずお墓や納骨堂に納めなくてはならないという決まりがあるわけではありませんが、万が一のことを考えると、それらの場所に納めておくのが最善の方法です。首都圏のあちらこちらに霊園が点在していますが、首都圏で今一番高い人気を集めているのは、神奈川県内にある霊園です。神奈川は海と山の両方がある風光明媚な県です。おまけに、公共交通網の整備が進んでいますので、神奈川県内だけでなく、どこからでも容易にアクセスすることができます。利便性が高い割りに販売価格はあまり高くないため、神奈川県内にある霊園が大人気になっています。

理想のお墓が作れます

神奈川県内にある霊園の多くは、宗教や宗派を問わず、誰でも購入できる仕組みになっています。日本人のほとんどは仏教徒だと言われることが多いですが、詳細に調べてみると実はそうではないことがわかります。キリスト教やイスラム教、ヒンズー教などを信仰している人もいますが、近年ではいわゆる新興宗教の信者が急増しています。自分が信仰する宗教の教団施設内にお墓を作れるのがベストですが、物理的な理由でそれが叶わないことが多いです。しかし、先程も言ったように、神奈川県内には宗教や宗派を一切問わない霊園がたくさんありますので、重宝することができます。改めて言うまでもないことですが、宗教や宗派だけでなく、国籍や人種、出自なども当然問いません。お墓のデザインにも何も制限が設けられていない霊園が多いですから、誰でも自分の理想にピッタリと合うお墓を作ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加