男性

お墓の問題はコレで解決|納骨堂で管理してもらうのがおすすめ

安らかな眠りを手に入れる

お墓

子供がいない人は

自分が死んだ後で残された家族が面倒な思いをしないようにとの気持ちから、生きているうちに自分が入るお墓を買っておく人がたくさんいます。人が亡くなると、残された家族は様々な手続きで忙殺されることになります。その種の手続きを、生きているうちに自分で全部済ませておければよいですが、死後にしかできない手続きもあるでしょう。しかし、お墓の購入については、死ぬ前にやっておくことができます。あらかじめお墓を購入しておけば遺族にかかる負担を軽してやることができるため、多くの人が生前にお墓を買っています。ただし、購入申込書に将来お墓を承継する人の氏名を記入させるようになっているお墓が多く、子供がいない夫婦の場合は困ってしまいます。そんな時は、永代供養墓を選ぶのが得策です。京都は長い歴史を持つ日本の古都ですが、そんな京都にも時代の波は確実に押し寄せてきています。家名を重んじる傾向が強い京都でも、子供を持たないという選択をする夫婦が増えてきました。その結果、京都でも永代供養墓の販売が増加してきています。

ずっと供養し続けてくれる

永代供養墓というのは、その名が示している通り、永代に渡る供養が保証されているお墓です。子供がいない夫婦の場合、夫婦双方が亡くなってしまうと、誰もお墓参りに来なくなってしまう可能性が高いです。訪れる人が絶えたお墓は、あっという間に荒れ果ててしまいます。しかし、永代供養墓を購入しておけば、そのような状態になってしまうことはありません。お墓を管理している業者が、責任を持ってお墓の清掃や供養を続けてくれますので、安らかな眠りを妨げられることはありません。ちなみに、近年では、子供がいない夫婦だけでなく、子供がいる夫婦が永代供養墓を購入するケースが増えてきています。永代供養が保証されているお墓を買っておけば、子供に墓守の負担を背負い込ませる必要がなくなります。親子が遠く離れた場所で暮らすケースが決して珍しいものではなくなってきていますから、永代供養墓に対する需要は今後さらに高まるだろうと予想されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加